揺れが起こったあとの行動|関東地震など大規模地震の予測するためのサービスについて
地震計

予測サービスで関東地震規模の揺れが起ったときにどのように行動するか考えておこう

揺れが起こったあとの行動

地震被害

まずは情報を確認しよう

揺れが収まってから取るべき行動として、地震による2次災害の危険がないかどうか確認することが大事です。ラジオやテレビや携帯電話など、そのときに使えるすべての通信媒体に耳を傾けましょう。

状況によって取るべき行動が違う

地震の直後の状況でそのとき取るべき行動が変わってきます。さまざまなパターンを事前に想定しておくことで、地震発生時も冷静に対処することができます。

家自体が危険な場合

家が倒壊しそうだと判断したら、一刻も早く外に出ましょう。本当であれば、外へ出るのは情報を確認した後がよいですが、倒壊の危険が迫っている場合は外へ出ることを最優先にしましょう。また、地震発生時に怖いのが火事です。過去にも関東地震では大規模な火災が発生しました。

津波などの可能性

津波が発生するという情報があった場合、どこへ避難するべきかも同時に発表されるので、その情報をもとに避難をしましょう。避難時にも冷静さを保つことが大事です。

防災のプロの意見を参考に

防災のプロのアドバイスはいざという時に非常に役立ちます。地震発生時に間違った行動を取らないようにしましょう。

防災のスペシャリストの声

元栓は閉めよう

地震のあとに火災が起こる可能性があるので、元栓はかならず締めておきましょう。このような配慮が2次災害の発生を防ぎます。

地下鉄などでの移動は避ける

地震後の移動手段として、地下鉄は避けましょう。通所の電車も避けた方がよいです。地震が続けて起こった場合、列車内に閉じ込められる可能性があるからです。

連絡手段がない場合の避難場所を決めておこう

どのような状況で地震が起こるのかわからないため、家族と連絡する手段がない場合、どこへ避難するか話し合っておきましょう。

P波のときに家のドアや窓を開ける

大きな揺れの前に小さな揺れであるP波が来ますが、家にいる場合はそのときに家のドアや窓を開けておきましょう。理由は地震で家が変形して外に出れなくなってしまうのを防ぐためです。

広告募集中