家具の転倒を防ぐ|関東地震など大規模地震の予測するためのサービスについて
地震計

関東地震クラスが予測される場合に備えて家具の固定や補強を行おう

事前の対策が大事

地震は短い間の出来事ですので、発生したときに対処しようとしても遅いです。地震が起こった場合も大きな家具が転倒しないように事前に固定しておくとよいでしょう。

専門家に聞いた!地震に備えて補強しておきたい場所ランキング

no.1

箪笥や棚

第一位は箪笥や棚です。箪笥や食器棚、本棚などは中型の地震でも倒れやすいので、L字型の金具やポール型のストッパーで固定しておきましょう。

no.2

テレビ

第二位はテレビです。テレビも中規模の地震で倒れてしまうので固定しておきましょう。テレビの後ろ側を紐やワイヤーで壁やテレビ台に引っ掛けておくといいです。

no.3

花瓶・置物

第三位は花瓶や置物という結果になりました。これらは小規模の地震でも倒れて下に落ちることがありますので注意が必要です。専用の粘着テープなどで置く場所から動かないようにしましょう。

no.4

冷蔵庫

第三位は冷蔵庫です。冷蔵庫は奥行きがあるので箪笥や棚に比べると安定しているといえますが、それでも大きな地震では倒れる可能性があります。冷蔵庫の上部分を専用のベルトで壁と固定しておくと良いでしょう。

no.5

第五位は窓でした。大きな地震の場合、窓ガラスが割れてしまう可能性があります。対策としては、窓ガラスが割れないように飛散防止フィルムを貼っておきましょう。余裕があれば、強化ガラスに変えるというのもよいです。

家具の転倒を防ぐ

防災グッズ

家の中が安全になるように

物理的にすべての地震を避けることはできません。地震が起きたときに、家の中で家具などの転倒を防ぐために、補強などをしておくことが大事なのです。

さまざまな補強グッズがある

その家具に適した地震用の補強グッズがありますので探してみましょう。冷蔵庫を壁と繋げておくものや、棚の丈夫と天井を突っ張ることで安定を図るポールなどがあります。

自宅の家具で倒れそうなものをピックアップしよう

家具の中で地震時に倒れてしまいそうなものを把握しておきましょう。食器棚など重量があるものに関しては、倒れないように事前に固定をすることが大事です。関東地震クラスの地震が起こった場合も、家具を固定することで、家具の転倒による被害を抑えることができます。

広告募集中